1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:07:56 ID:s1x
魔の山 トーマス・マン 新潮文庫 上下
職業としての学問 マックス・ヴェーバー 岩波文庫
ヴェニスの商人の資本論 岩井克人 ちくま学芸文庫
堕落論・日本文化私観 他二十二篇 坂口安吾 岩波文庫
砂の女 安部公房 新潮文庫
三四郎 夏目漱石 新潮文庫
人間にとって科学とは何か 湯川秀樹 梅棹忠夫 中公クラシックス
言葉とは何か 丸山圭三郎 ちくま学芸文庫
パンセ パスカル 中公文庫
C785_tumikasanattayousyo_TP_V4

まとめた人:神の城

引用元: ・文系大学生に薦める10冊の本を選んだから評価してくれ


池上彰の番組で間違ってゲーム『アサシンクリード』の画像を使ってしまう
【悲報】メンヘラ、ヤバかった

2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:09:25 ID:s1x
科学系の本でもっといいものがあれば

3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:09:45 ID:b7P
三四郎とか高校生までに読んでるやろ

5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:10:14 ID:s1x
>>3
読書好きならな
普通授業でやるのはこころやで

10: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:12:37 ID:uq5
洋書は入れんのか?

13: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:13:16 ID:s1x
>>10
洋書は簡単なものだと内容のレベルが低いし
ちゃんとしたものだとまず読めないから除外

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:13:16 ID:Bwq
永遠平和のために/カント
国際政治/モーゲンソー

あたりほしい

16: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:13:50 ID:s1x
>>12
いいっすね
永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編
は入れようか迷った

22: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:16:27 ID:s1x
>>20
カントで入れるなら>>16やなあ
読破しやすいものを選んだってのはある

14: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:13:28 ID:5kL
リースマンはダメか

15: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:13:48 ID:eCO
三四郎と堕落論と魔の山しか読んだことないわ

18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:14:20 ID:s1x
>>15
文学好きなんやね
安部公房おすすめやで

19: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:14:31 ID:uq5
堕落論とかネガネガしたの入れるなら同じ雪国の雪の研究とか入れようや

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:15:13 ID:YE4
ええんやないの
カントの純粋理性批判とかあえてぶっこんでないところがいい

21: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:15:18 ID:Bwq
風土/和辻哲郎
これからの「正義」の話をしよう/サンデル

あとはこのあたりか

23: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:18:01 ID:s1x
あとプラトン入れるか迷ったわ

24: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:18:16 ID:Bwq
安部公房と三島由紀夫と川端康成で読みやすさ人によって違いそう
ワイは三島>安部>川端で読みやすかった

26: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:20:15 ID:s1x
>>24
あくまでワイの主観なんやけど
三島は「美」とか「芸術とは何か」みたいなテーマがメインでアクチュアルじゃない
川端も現実から遊離した耽美的な作風
安部公房の砂の女は人間が労働から逃れられない以上永遠に読み継がれるべきと言っても過言ではないくらいアクチュアルやし読みやすいと思う

28: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:20:28 ID:uq5
>>24
三島って仮面と金閣しか読んだことないけどほかおもろいんか?

32: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:22:02 ID:eCO
>>28
命売ります

94: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:35:32 ID:XL7
>>32
命売りますホントすこ

34: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:23:04 ID:s1x
>>28
大体その二つの作品にエッセンスが詰まってると言って良い
むしろ仮面の告白の一作で足りる

36: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:23:51 ID:uq5
>>34
てか堕落論out
雪inはいかんのか?

38: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:25:58 ID:s1x
>>36
いや堕落論の批判精神は絶対に要る
しかも面白い
岩波文庫の雪のことならあくまでワイはそこまで重要ではないと思う

60: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:31:03 ID:uq5
>>38
せやろか
あと社会学の分野もっとほしいから孤独なボーリング入れてクレメンス

27: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:20:20 ID:RcB
太宰が入ってないやん!

29: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:20:47 ID:IJq
ヴェニスの商人の資本論は高1のときやったなあ
なお全く覚えていない模様

31: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:21:59 ID:s1x
>>29
「広告の形而上学」というのはワイも高校の時やったわ
表題作は初めて読んだ時面白すぎて驚いた
「ホンモノのお金の作り方」もシンプルに面白い
経済系に全く興味無い人が読んだら新鮮なんやないかな

30: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:21:15 ID:MNZ
敗者のゲーム、ウォール街のランダムウォーカーが入ってない
やりなおし

33: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:22:07 ID:YE4
プラトンはソクラテスの弁明が入るか入らないか

35: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:23:08 ID:TBm
カーの歴史とはなにかを授業で読まされたわ
なお、殆ど覚えてない模様

40: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:26:04 ID:b7P
教養で古い本なら寺田寅彦のエッセイとか読んで欲しい
ワイは実利重視でひたすら有斐閣やけどな

43: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:27:38 ID:s1x
>>40
寺田寅彦の随筆集は入れるか迷ったわ
漱石outで寺田寅彦inでもええかもしれん

54: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:30:29 ID:QSL
>>40
有斐閣とか法学の教科書以外かったことないわ

41: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:26:12 ID:QSL
薔薇の名前

44: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:27:56 ID:eCO
>>41
文庫化してクレメンス…
バウドリーノは文庫になったのに

46: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:28:48 ID:s1x
>>41
海外小説上下巻枠は魔の山があるから……

あと選考基準として文庫本で手に入りやすいというのもある

47: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:29:22 ID:Oo1
ワイ大学生あほだから読んでも絶対理解できない

48: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:29:36 ID:FAc
中島らもが好きです(小声)

49: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:29:38 ID:e8C
パスカルのパンセは一節しか覚えてないわ

51: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:29:52 ID:s1x
ぶっちゃけ三四郎は大学生やから共感しやすいやろ!程度の発想で入れてるから1冊なにか別の本入れるならまず抜きたい

55: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:30:38 ID:sU7
罪と罰は必修、はっきりわかんだね

61: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:31:20 ID:s1x
>>55
魔の山と迷った

67: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:32:03 ID:eCO
>>55
ドゥーニャたん可愛い

59: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:31:01 ID:Aye
魔の山面白いか?
糖尿おじさんに飯おごってもらうとこぐらいやろおもろいの

68: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:32:05 ID:XL7
ファラデーの蝋燭の科学やろ

71: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:32:41 ID:izV
歴史系が一個もはいっとらんやんけ!

88: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:34:53 ID:TBm
>>71
歴史は最新研究でコロコロ変わるからなぁ
新書で観応の擾乱と応仁の乱とかよんどけばええやろ

75: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:33:11 ID:8Ao
ジャレド・ダイアモンドを入れるんだよあくしろよ

77: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:33:20 ID:XL7
カントの純粋理性批判は「カントの純粋理性批判の日本語訳解読」というオリジナルジャンルやからな

啓蒙とは何かは絶対読んだ方がええやろ

82: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:34:24 ID:YCR
ちょっと前話題だったサピエンス全史とかホモデウスは?

92: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:35:19 ID:s1x
>>82
サピエンス全史は流行っぽいのがちょっと…
あと狩猟と農耕のあたりとかちょっと恣意的やと思う

84: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:34:39 ID:Oo1
これらの本を読むにあたって最低限必要な前提知識は?

97: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:36:20 ID:s1x
>>84
最低限の国語の読解能力があれば特に前提知識は必要なし
ヴェニスの商人の資本論はシェイクスピアの翻訳読んでおくといい
それくらい

86: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:34:48 ID:ebS
三四郎ちょっとヒロインが何考えてるのかわからなすぎんよ~

100: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:36:43 ID:XL7
ワイが一冊だけ進めるならプラトン「饗宴」やな

嘘松レスバ形式だからおんJ民にも読みやすい

105: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:37:27 ID:uq5
>>100
レスバで負けたら訴えられて死刑とか楽しそうやな

106: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:37:35 ID:s1x
>>100
ディオティーマとかいう女が言ってたンゴwwwww

101: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:36:59 ID:Aye
人間的に成長とか草
主人公結核なのに吹雪の中スキーして死にかけてんやん

103: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:37:05 ID:QSL
小説枠は戦争と平和か罪と罰か赤と黒でもええな

104: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:37:19 ID:TE5
夏目漱石なんてわざわざ勧めるまでもないやろ

107: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:38:09 ID:XL7
>>104
漱石は著作より生きざまがおもろい

111: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:39:02 ID:YCR
科学系は入門の入門として
「科学的思考のレッスン」や中谷宇吉郎の「雪」「科学の方法」がええで

112: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:39:07 ID:s1x
丸山圭三郎の 言葉とは何か はあまり触れられてないけどオススメやで
ソシュール言語学の良質な入門書や

114: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:39:24 ID:Aye
ソクラテスの弁明もおすすめ
ソクラテスの屁理屈にクッソムカついてくるから結局死刑になってスカッとした気分になれる

117: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:40:13 ID:MvW
>>114
ひねくれてんなー

115: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:39:37 ID:w8S
プラトン
マキャベリ
孫武も読んどけ

116: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:39:48 ID:XL7
中谷宇吉郎の「雪」は定番なんやが今一つ足りんというか

エッセイ集の「雪の華」の方がおもろい

121: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:40:48 ID:uq5
>>116
研究対象をどうやって見つけるかってのが書かれてるからすこ

118: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:40:37 ID:IJq
カフカの変身パパパっと読んで、終わり!

123: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:41:05 ID:XL7
>>118
冒頭だけ知っている人率90%
結末知ってる人1%以下

130: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:42:30 ID:YCR
少し前だと理性の限界とか流行ったと思われ

134: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:43:31 ID:XL7
>>130
カントの純粋理性批判の最初の十数ページ以下の内容の本やんけ

この辺の大げさ新書どうにかならんのか

140: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:44:43 ID:YCR
>>134それだけカントは難しいし複数の視点で書かれているからおすすめや

148: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:45:43 ID:YCR
あとヨーロッパ思想系をかじったことがないやつには
基本として岩田靖夫の「ヨーロッパ思想入門」もええで

153: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:47:17 ID:P4Y
福音書とかキリスト教の考え知るのにいいと思う

155: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:47:36 ID:XL7
職業としての学問 マックス・ヴェーバー はいかにも教養書の定番みたいに語られるが何がそれほど?

160: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:49:13 ID:s1x
>>155
学問に対する変な理想をほぐしてくれるし
政治思想とは分けるんやでとか大切な姿勢やからな

165: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:50:56 ID:YCR
思考の整理学も流行った記憶があるわ

166: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:51:28 ID:eN3
>>165
ブックオフ行ったら絶対あるやつやな

168: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:51:45 ID:Kg5
銃・鉄・病原菌を理系の友達から勧められてたんやが文系のやつ読んだか?

170: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:52:10 ID:XL7
>>168
読んだけど文系見下してる理系の人がハマる文系本という印象

179: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:53:24 ID:Kg5
>>170
よくわからんけどサンガツ

184: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:54:43 ID:XL7
>>179
逆にいうとよくまとまったテーマ史の本ということや

181: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:54:12 ID:XL7
こじらせの古典といえばカミュの異邦人

久々に読んだけど裁判周りの描写がぐうおもしろいな

187: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:55:18 ID:Aye
>>181
何もすることがないと寝てばかり言うのがリアル

183: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:54:34 ID:eN3
オリエント急行の殺人
アクロイド殺し
ネタバレされる前に

185: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:55:13 ID:YCR
ワイが好きなこじらせ系古典といえば
ドストエフスキーの「地下室の手記」

190: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:56:07 ID:eCO
>>185
前半と後半の落差よ…

188: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:55:54 ID:mQe
正直最後まで本読む人の気が知れん
最初の1、2ページで十分やん

192: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:56:19 ID:XL7
>>188
ヘーゲルの精神現象学は冒頭だけ読めばええわ

204: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:58:24 ID:YCR
ワイは読んでもよくわからなかったが
文系学生には人気がありそうな
キルケゴールの「死に至る病」

206: 名無しさん@おーぷん 2018/11/15(木)23:59:20 ID:s1x
>>204
キルケゴールなら現代の批判が良いけど確か絶版なんだよなあれ

213: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:01:15 ID:sO1
本を読むことは思考停止すること

ってKAZUYAが言ってたで

224: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:03:37 ID:KWL
>>213

221: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:03:25 ID:w25
「言語学の教室」「超入門!現代文学理論講座」もおもしろかったで

223: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:03:33 ID:jfx
古事記とか大鏡とか

227: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:04:16 ID:w25
「論理トレーニング101題」はかなり役立った

229: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:04:29 ID:zqP
『はじめてかんがえるときのように』野矢茂樹
『科学の方法』中谷宇吉郎
『方法序説』ルネ・デカルト
『陰翳礼讃』谷崎潤一郎
『文章読本』三島由紀夫
『堕落論』『恋愛論』坂口安吾
『人を動かす』デール・カーネギー
『7つの習慣』スティーヴン・コビー
『星の王子様』サン・テグジュペリー
『いかにして問題を解くか』ジョージ・ポリア
『理科年表』丸善出版
『利己的な遺伝子』リチャード・ドーキンス
『裸の猿』デズモンド・モリス
『ゆゆ式』三上小又

適当に選んだ
ちな理系

231: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:05:13 ID:w25
>>229
いかにして問題をとくか
利己的な遺伝子

ええなあ

232: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:05:28 ID:zS5
>>229
理科年表買ってみようかな
あとドーキンスってやっぱり必須なん?

237: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:06:54 ID:zqP
>>232
ワシは遺伝学屋やったから全部読んだけど正直厚いし難しいから誰にとっての必須という訳ではない
文系にドーキンス勧めるなら、エッセイ集の『悪魔に仕えた牧師』を選ぶ

249: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:11:16 ID:Uq3
>>237
遺伝学やと邦訳しらんけどネッターは?

234: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:06:07 ID:Vcl
>>229
陰翳礼讃は高校の現文でやったなあ

233: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:05:30 ID:vxQ
大1だけど
有斐閣の現代政治理論
名大出版の社会思想の歴史

みたいな概説本を読んでる
思想家の個別の著作も読んだ方が良いんやろけど読む気おきないわ

235: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:06:21 ID:KWL
思考の整理学とかいう定番

236: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:06:39 ID:vxQ
教授からデュルケームの自殺論薦められたけど面白いのかなあれ

239: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:07:17 ID:qDt
>>236
面白いか面白くないかと言われると面白くない

242: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:08:06 ID:vxQ
>>239
じゃあ買うのやめとくか

245: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:09:47 ID:qDt
>>242
ええんか
カトリックのほうがプロテスタントより自殺しないんやで
その理由がわからなくてもええんか!?

251: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:11:27 ID:vxQ
>>245
じゃあ読むわ
やっぱ題名からしてインパクトあるもん

246: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:10:18 ID:w25
福岡伸一は「世界はわけてもわからない」もよかったで

250: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:11:22 ID:w25
生物で思い出したが
「バッタを倒しにアフリカへ」も人気ありそう

255: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:12:53 ID:4gv
近代の本はよう知らんけど、江戸期なら伊藤仁斎の論語古義を推す。というかあの辺の儒学者クセ強くておもろいで

258: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:13:25 ID:w25
美術系で(といってもシュルレアリスムの平易な解説本だが)
「シュルレアリスムとは何か」はすごくわかりやすかったな

260: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:13:29 ID:zqP
孫子の兵法忘れてたわ
あれは普通に面白かった

262: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:14:50 ID:F1j
取り敢えず政経の教科書に名前が載ってそうな本読めばええやろ(適当)

265: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:15:28 ID:w25
>>262 そのまま学術書に行くのは難しいから簡単な新書から行った方が大部分の人にとってはいいと思う

266: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:16:00 ID:PyF
>>265
それな
いきなり挑んだらわけワカメだったw

267: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:16:45 ID:qDt
なぜかヤスパースが倫理の教科書に載ってたりする状況って今も変わってないんか
いや大哲学者やけども今まっっったく人気ないやろ

270: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:18:09 ID:KWL
>>267
そんなこと言い出したらかつて大人気だったサルトルさんはどうなるんや

268: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:17:09 ID:Vcl
乱歩のせいで性癖が歪むとかいうような話はあんまりいらんか
パノラマ島とか

269: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:17:28 ID:JGS
中国の古典は?
諸子百家とか

272: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:18:40 ID:SS8
大学生に1冊だけ本を読ませるとしたら何がええんや?

275: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:19:29 ID:PyF
>>272
99・9%は仮説
かな?基本中の基本だからな

279: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:21:39 ID:zqP
>>272
アドラーの『本を読む本』かショーペンハウエルの『読書について』

286: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:37:17 ID:jfx
>>279
ショーペンハウエルの「読書について」読んだらクッソ攻撃的で草はえたわ

287: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:39:55 ID:zqP
>>286
言うほどか?
要するに「古典を読みなさい」「読むときは2回連続で読みなさい」「読書だけじゃなくて自分の頭でも考えなさい」
これで終わりやろ

288: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:47:31 ID:jfx
>>287
最初の数ページでそこ終わって、あとはえんえん名指しで何人も哲学者けなしたり、
言葉の乱れについてことこまかにつっこんだりしてたやん
めちゃめちゃおもろかったわ

274: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:19:07 ID:zqP
『僕には数字が風景に見える』
『歎異抄』
『論理哲学論考』
『永遠のジャックアンドベティー』
『影響力の武器』
『ご冗談でしょうファインマンさん』

挙げ出したらキリないな

276: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:20:19 ID:w25
>>274 論哲は副読本として「論理哲学論考を読む」が定番やな

284: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:32:34 ID:w25
ワイには広告の形而上学は難しすぎた思い出がある

285: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)00:34:24 ID:zqP
ワイが初めて読んだ新書は『人はなぜ逃げ遅れるのか』という本だった

290: 名無しさん@おーぷん 2018/11/16(金)03:45:41 ID:OSg
とりあえず木田元の「反哲学入門」は読んだ方がいい